赤ちゃんには安全で美味しいお水を飲ませてあげたいという子育て中のお母さんが多いようで、赤ちゃんが生まれたのを機にいつでも安全なお水を飲めるウォーターサーバーのレンタルサービスを契約する家庭が増えています。

とはいえ、現在では多数の業者がサービスを提供しており、ウォーターサーバーの機能や補充する水(ボトルウォーター)の水質はそれぞれ異なるので、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使えるサービスを提供する業者を慎重に選ぶことが大切です。



赤ちゃんの粉ミルクに使用する水はできるだけミネラル分が含まれていないものがよいとされています。


これは、消化器官が未発達な赤ちゃんがミネラル分を多く摂取すると胃腸に負担がかかり、場合によっては下痢などを引き起こす原因となるためで、一般的な粉ミルクは赤ちゃんが安心して飲めるようにミネラル分の含有量が調節されています。



つまり、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを設置したいときには、ミネラル分がほとんど含まれていないものが理想的といえるのです。



最近は逆浸透膜(RO膜)という特殊なフィルターに通すことでミネラルや不純物を除去したRO水を提供している業者もあるので、赤ちゃんに飲ませたいときにはRO水を提供する業者を選ぶのがお勧めです。
なお、現在提供されているウォーターサーバーは水だけでなく、お湯も使用できるタイプが一般的ですが、赤ちゃんが成長して自分で歩けるようになると、赤ちゃんがスイッチに誤ってさわり、大やけどを負う事故が起こるリスクもゼロではないので、事前にウォーターサーバーの機能をチェックして小さな子供が触れても安心なチャイルドロック機能がついている製品を選ぶようにしましょう。