最近は女性の社会進出により母乳で育てられない方も多く、ミルクで育つ赤ちゃんがとても多くなっています。


初乳だけは母乳が勝るといわれていますが、それ以降は栄養面でもミルクが母乳に劣ることは全くないと医学的にも証明されています。
しかし気をつけなければいけないのが、ミルクを作るときに使用する水です。水道水を使用している方も多いと思いますが、水道水には塩素が残留している可能性がありますし、配水管・貯水タンクなどの汚れなどが混ざる可能性もあり、免疫力の弱い赤ちゃんにはとても危険なのです。

そこで赤ちゃんを健康に安全に育てるためにおすすめなのが、ウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーをミルク作りに使用するメリットは2つあります。



まず1つ目は安全ということです。

さきほども書いたとおり水道水はたくさんの危険をはらんでいますが、ウォーターサーバーならば綺麗で安全な状態を完全に保つことができます。そして2つ目は短時間でミルクが作れるということです。
ウォーターサーバーならば温度管理もできるため、ミルクの時間のたびにお湯を沸かす必要がありません。

それに安全に調乳できるとされている最低温度である70度に設定しておけば、人肌に冷ます時間も短縮することが可能です。



このように大切な赤ちゃんを健康に安心して育てるために、ウォーターサーバーはすばらしいアイテムであり、家事・育児で大忙しなお母さんにおすすめのアイテムです。